我が家の革命

母が携帯を持った。。持たせた?

パソコンも一切触ったことがない、掃除機のゴミ袋すら変えられない母が、初めて文明的な携帯というものを手にすることになったのだ。。

これは”我が家の革命”である。。

今まで家族が散々説得しても、「いらない!!」の一点張り・・・。
たまたま74歳の親戚に、「おれは72歳でメールを覚えた!!」と説得され、態度を一変。。すんなりと携帯を持つことに同意をした。。

もちろん覚悟はしていたが。。。おそろしく退化した母の脳みそ。。
新しいことを学ぶ、覚えるということを一切していなかった脳みそは驚くほどに衰えている。。

まるで記憶という回路が一切ないような。。そして、考えるということを一切拒否している脳。。

恐ろしい現実である。。

人差し指(まだ分かる。。)、中指(え?中指??)、小指(え?え?小指??)を使って、画面はまったく見ずに、訳も分からず携帯ボタンを押す母。。

ボタンひとつ押すにも、非常に時間がかかり、節電モードで画面はすぐに真っ黒。。そして、「何で??できない!!」

「だからぁ~~っ!!」
百万回説明するころには、覚えてくれるだろうか。。

年を重ねるといろんなことが億劫、つまりは面倒臭くなる。。それはよーーくわかる。。でも、そればっかでいくと、大きなツケが回ってくるね。

向上心や興味をもって、新しいことにも、たまにはチャレンジしていかないとけないんだよね。

普段使わない脳みそを鍛えていかなければ・・・と、身に積まされる”我が家の革命”であった。。
[PR]
by otonari-kobo | 2010-05-24 21:56 | 日記 | Comments(0)

酸素バーナーワーク教室&雑貨Shop


by otonari-kobo