太陽にかかる虹・・・

今日の昼過ぎに神々しいものを見ました。

「本当に生まれて初めて見た。。」といっしょにいた母とあんぐりと空を見上げました。

太陽にかかる円の虹!!それもダブルですよ!!
e0130722_23101723.jpg

e0130722_23103414.jpg

調べた所、日暈(ひがさ、にちうん)というものらしい。

ウィキペディアによると・・・
暈(かさ)とは、太陽や月に薄い雲がかかった際にその周囲に光の輪が現れる大気光学現象のことである。ハローまたはハロ(halo 英:ヘイロウ)ともいう。特に太陽の周りに現れたものは日暈(ひがさ、にちうん)、月の周りに現れたものは月暈(つきがさ、げつうん)という。 虹のようにも見えることから白虹(はっこう、しろにじ)ともいう。

自然現象なのだろうが、なんかもうその美しさというか、ありえない状況に恐怖すら覚えた気がする。。

激動の日本。。この虹の意味するものは?

良い予兆なのか?悪い予兆なのか??

な・ん・て、ついつい考えちゃうねぇ~~。。
[PR]
by otonari-kobo | 2011-06-01 00:15 | 日記 | Comments(0)

酸素バーナーワーク教室&雑貨Shop


by otonari-kobo